DEPLOYING

Deploying noodl projects

デザインを共有したい場合に、エディタ無しでプロトタイプやアプリケーションを実行するには、デプロイする必要があります。デプロイ仕様のNoodlは、デザインを含む独立したWebアプリケーションを書き出します。 これが完了すると、デザインを世界中で利用できるようにするための様々なオプションが用意されています。

Sharing your prototype on Github

GithubにはGithub Pagesという素晴らしい機能があります。
公に利用可能であることに抵抗がなければ、無料でWebコンテンツのプロジェクトを作り、ホストすることができます。

Githubは、バージョンコントロールシステム、gitと一緒に使用されます。Githubは無料でgitを使いやすくするツールtool for freeを提供しています。また、gitをコマンドラインから直接使用することも、他の様々なツールの中から選択することもできます。great tools

Github has a guideにはすべてを設定する方法のガイドがあります。新しいプロジェクトを作成してコンテンツをアップロードする方法を説明します。 アップロードする必要があるのは、プロジェクトをデプロイするときにNoodlが作成するファイルだけです。GithubはWeb上でプロトタイプを利用できるようにします。 ユーザーまたは組織ではなく、Project siteに関するガイドを必ずお読みください。

Sharing your prototype on your own site

Noodlは一緒にindex.htmlファイルを生成し、プロトタイプを実行するために必要なすべてのjavascriptとアセットを作成します。 自分のサイトからアップロードして提供することができ、単独でもiframe内でも正常に動作します。 生成されたWebページは、追加の設定を行うことなくそのまま使用できます。

Turning your Noodl prototype into a mobile app

Noodlデザインを、Cordovaプロジェクトを使って完全なモバイルアプリに簡単に変えることができます。

Apache Cordovaは、Webテクノロジーを使用してモバイルアプリケーションを構築するためのフレームワークです。 Apache Cordovaを使用すると、NoodlデザインをiOSやAndroidアプリに簡単にデプロイできます。 Cordovaの詳細はhere。手順は以下です。

Install cordova

cordovaをインストールするには、ノード (https://nodejs.org) とnpm (https://www.npmjs.com) をインストールする必要があります。完了したら、ターミナルを開いて以下を実行してください:

npm install -g cordova

Create the application

ツールがインストールされたら、実行することで新しいアプリケーションを作成できます。

cordova create MyApp

cd MyApp

これにより、単純なアプリケーションでMyAppというフォルダが作成されます。 アプリケーションのコンテンツはwwwフォルダにあります。このファイルはNoodlデザインをデプロイする必要があります。最初のアプリケーション作成の際に作成されたwww folder内のすべてのファイルを削除することから始めましょう。

Deploy your Noodl prototype

アプリケーションにデプロイするNoodlプロジェクトを開きます。エディタの右上にあるデプロイアイコンをクリックします。 ポップアップで "Pick folder" を選択すると、最近作成したアプリのwwwフォルダを選択する必要があるファイルセレクタが開きます。

今度は、wwwフォルダにiindex.htmlと、Noodlデザインを実行するために必要な他のすべてのファイルが含まれているはずです。 次に、選択したターゲットプラットフォーム用のアプリケーションをビルドします。

Building the app

デベロッパーツールをインストールすることで、iOSやAndroidなどのさまざまなプラットフォームを構築できます。 ローカルマシン上にアプリケーションを構築する方法の詳細は、hereをご覧ください。
デベロッパーツールをお持ちでない場合は、Adobeが提供するクラウドビルドツールを使用することもできます。 より詳細な説明はhereから探すことができます。